FC2ブログ
今日は夏休み2回目のスポーツ大会。

1回目となった前回は、午前中に先生が高学年男女を対象にスポーツ大会を実施しました。そして、午後にはその高学年の子達が先生役(進行役)となって、低学年の子達のスポーツ大会を見ていく。。。というものでした。

そして、2回目となる今日は、午前中に男子、午後に女子を対象に行いました。下は1年生から上は6年生。力も違えば好きな種目も違う。そんな学年混合の子ども達を「楽しませる」ためには、指導者としての知恵と経験と、最後は何と言っても子ども達を想う心意気!笑。

でも、男女ともに、スポーツ大会終了後の「楽しかった人〜?」の問いかけに全員が一斉に「ハーイ、ハーイ」と手を上げてくれて。。。指導者として、これほど嬉しいご褒美はないですね。

でも、こうやって全学年が楽しめたのには、指導者の工夫と、アツい想いをしっかり子ども達に伝えていったことが大きかったのではないかと思っています。

私はスポーツ大会を始める前、子ども達にこう話しました。。。

「スポーツ大会だから、やっぱり勝つチームもあれば負けるチームもあるよね。勝ったチームが嬉しいのは当たり前。そして、そのメンバーのほとんどが楽しかった!と思えるだろうね。優勝したチームのキャプテンなんか、めちゃくちゃカッコイイだろうね。」

「でも、もし最下位になってしまったとしても、チームのメンバーから、今日は楽しかったと言ってもらえるキャプテンって、もっともっとカッコイイと思います。」

そんな話をしたもんだから、どのチームのキャプテンも副キャプテンも、低学年の子達が楽しめるようにパスを回してあげたり、失敗しても優しい声かけをしてくれたり。。。見ているこちらが涙が出そうになる程カッコイイ子がたくさんいて感動しました。

結果、男子も女子も、1位になったチームはもちろん、最下位になったチームまでも楽しめるイベントとなりました。特に、低学年の子達が「とっても楽しかった〜♪」と口々に言ってくれたのは本当に嬉しかったです。それもこれも、優しくチームのみんなをリードしてくれた高学年のおかげです。本当にいい雰囲気を君たちが作ってくれました。

勝負の世界で勝ちにこだわる事は、もちもん大切だと思っています。でも、小学生であるこの子達には、もっと別の事を大切に思ってもらいたい。「スポーツって楽しい!」「仲間と協力することって楽しい!」「お兄ちゃんに優しくされて嬉しい。俺もあんなお兄ちゃんになりたい!」そんな事をこの日翔でたくさん経験してもらいたい!その経験が、きっと中学や高校やその先で「勝負」にこだわらないといけない時に君の大きな支えとなってくれるはずだから!


IMG_4645.jpg

2017.08.03 | ながた校

-->