FC2ブログ
今日、初の『子ども先生』が誕生しました。

2年生のけんたは、とても子ども達を惹き付ける力があり、よく子ども達の遊びをリードしていました。そんなある日「けんたはなんだか日翔の先生みたいだね」と言うと、嬉しそうに笑い「だってボクの将来の夢は日翔の先生になることだから」と言うんです そんなこと言われるともう泣くほど嬉しいですよね

そのけんたが昨日「ねぇ先生、今日もボク先生みたいに頑張ったよ!」と言うので、自分が「よしっ、それじゃ、けんたにも設定活動ひとつ任せてみようかなー」と言ってみたところ、もうすっごく嬉しそうな顔して「うん、やる!やる!」と大はしゃぎ。

設定活動というのは日翔の特徴で、毎日1時間程、各先生が色んな活動を用意し、子ども達はその中からやりたい活動を自由に選んで参加します。ドッジボール、野球、一輪車、縄跳び、鬼ごっこ、工作、伝承遊び、オリジナルの遊び、などなど、毎日様々な活動を行っています。

その設定活動のひとつを、けんたにお願いした訳です。内容を聞くと「ポケスロン」とのこと。どうやら子ども達に大人気のポケモンに関する遊びのようです。

日翔の生徒は学童に帰るとすぐに玄関前にある『設定活動表』を確認し、「今日は俺◯◯に行くー!」と盛り上がっているのですが、その活動表に、「ポケスロン(子ども先生けんた)」とあるので、みんなビックリ 「はぁ?子ども先生って何ねー?」と戸惑う子もいれば、「やったー、けんた兄ちゃんが先生するんだー!絶対行くー!」という熱狂的なファンもちらほら。いつも以上に盛り上がっています。

残念ながら自分も別の活動を受け持っていたので、けんたの活動の様子を一部始終見ることはできませんでしたが、何度かのぞく度に、6,7名の子達をずっと楽しませていました。内容もなかなか凝っていて、アイテムも色々と用意されているところを見ると、この為に頑張って準備してきたことがわかります。何と言っても、けんたの表情がすっごく生き生きしていました。

自ら起こした行動は、人に言われてやった行動の何10倍ものパワーを発揮します。自分の役目をわかった人はスゴいです。

今日はけんたから大切な事を学びました。

「自分は何の為に日翔で働いているのか?自分の役目は?」その答えを日翔の全職員がしっかり認識していれば、最高の学童になるでしょうね。そして職員だけでなく、子ども達にも学童での「役割」を与えて、自ら行動する子(=自立した子)を多く育てていきたいと思いました。

けんた、今日は本当にありがとう。またこれからもヨロシクね。

2009.11.17 | 未分類

今年の一輪車大会も多くの笑い、感動、ドラマがありました。

演技部門では、出演メンバー全員揃って練習できた日は無く、また、練習で1度も成功したことのない技もあって、選手はもちろん、指導してきた先生の不安も相当なものでした。しかし、やはり子ども達の力はスゴかったです。本番では、全員揃っての演技は初めてだというのに、これまでで最高のパフォーマンスを見せてくれました。1度も成功したことが無かった大技も本番では見事成功 ホント感動しました。

また、リレー部門では高学年の部(4~6年生)に出場したオール4年生チームが、他の5,6年生チーム相手に見事3位入賞。それも最終走者で抜きつ抜かれつの大接戦での勝利だった為、感慨もひとしおです。

大会後は野嵩校にて、選手、父母、先生、みんなで『お疲れさま会』をしましたが、こちらも終始大盛況。ビデオで撮影した映像を見ながらその日の感動を振り返り、すごく楽しい時間となりました。

最後に選手代表で幼稚園から日翔にいるかなこさんにスピーチをしてもらいましたが、「勝っても負けても楽しいので、みんな来年も一輪車大会出てください。」というひと言にまた感動 自分は子ども達に色々な話をしてきましたが、一番言いたいことはまさにそれなんです。勝ち負けよりも大切なものがある。ひとりじゃ無理でも、仲間と一緒ならできることがある。そして何より、目標があれば毎日が楽しくなる。

毎年そうですが、この一輪車大会があるおかげで、多くのことを学ばせてもらっています。大会を運営するスタッフの皆さんには本当に頭が下がります。ありがとうございます。

最後に、大会に向けて毎日練習がんばった選手のみんな、指導してくれた先生、応援してくださった保護者の皆さん、本当にお疲れさまでした。








2009.11.08 | 未分類

沖縄電力さんが、地域への感謝の気持ちを伝えることを目的に毎年行っている『おきでん対話旬間』という取り組みがあり、その中で、今年から新たにドッジボール大会を実施するという案内が届きました。

ダイナミックドッジボール大会直後であり、また一輪車大会をすぐ後に控えているため少々迷いましたが、運動会と重なりダイナミックドッジボール大会に出場できなかった小学校もあった為、その学校の子たちを中心に出場させることにしました。

会場は北谷運動公園にある屋内運動場。自分も行くのは初めてでしたが、中に入って施設のキレイさにびっくり。また、本部席に並べられてあるトロフィーの大きさにさらにびっくり。子ども達のテンションも一気に上がります。

今大会に向けて特別な練習はしてませんでしたが、やはり、「挨拶」と「整列」だけはどのチームにも負けません。のびのびプレーする日翔チームは見ていて気持がいいです。

しかしそんな中でも、2チーム出場して、うち1チームが見事3位入賞。3位でも、大きなトロフィーと賞状と新品のボールまで頂き、選手も大喜びです。沖電さんありがとうございますっ 選手の自信に繋がるだけでなく、学童の後輩達へも良い目標となるでしょう。

今回は初めての開催ということで、企画・運営されたスタッフの皆さんには、大変なご苦労があったかと思います。本当にお疲れさまでした。そして、ありがとうございました。今後もぜひこのすばらしい大会を続けてもらえると嬉しいです。




2009.11.03 | 未分類

-->