FC2ブログ
今日はあいにくの天気でみんな室内活動。2年生以上の子たちは、最近ドッジボール大会や一輪車大会の練習ばかりだったので、久しぶりに体育館でスポーツをしてあげました。今日スポーツができなかった1年生は、『輪ゴムゲッチュー』や『すべり』をやって盛り上がりました。『輪ゴムゲッチュー』は、まずテーブルで互いに向き合って、じゃんけんで負けた方から輪ゴムをテーブルに放り投げます。その後交互に輪ゴムを投げ合って、自分の投げた輪ゴムが相手の輪ゴムに少しでも重なれば勝ちです。遠くにある相手の輪ゴムを果敢に攻めたり、逆に守りに入って手元に投げたり、単純だけど色々な闘い方があって楽しい遊びです。実は自分は、この遊びが子どもの頃からとても上手くて、今でも次々に挑んでくる学童の子どもたちを容赦なく打ち負かしていきます。どんなに遠くにある輪ゴムでも簡単にゲットしていくので、「先生すげー」「超能力使ってるあんにぃ?」などという言葉が子どもたちの間から聞こえてきます。一番多いのが「つよっ!」。最近の小学生はこの「つよっ!」という言葉を頻繁に使います。「強い」からきてると思うのですが、単純に「強い」としてだけでなく「すごい!」といった意味でも使います。話しが脱線してしまいましたが、この輪ゴムゲッチューでは先生である自分だけがカラーの輪ゴムを使ってて、先生に勝てば、このカラー輪ゴムがゲットできます。ただの輪ゴムなのに、それを手に入れた時の喜びようはものすごいです。よほど自分に勝てたことが嬉しいんでしょうね。あと、『すべり』はトランプなどのカードを端からより遠くまですべらせた方の勝ち。勝った方は相手のカードを奪えて、チームに分かれ団体戦をするとなお盛り上がります。ある一定の線を超えると「ロングドライブ」なんて名前を付けて、みんな必死になってそれを狙ってます。どちらも単純なゲームですが、結構アツくなれますよ。

2008.10.16 | 未分類

-->