FC2ブログ
新入生の初登園が、いよいよ明日に迫りました。念には念を入れて準備をしてきたつもりでも、「何か忘れてないかな?」「本当にこれで大丈夫かな?」と心がいつまでたっても落ち着きません。でも、そんな自分達以上に不安なのが新入生の子供たちです。少しでも不安な気持ちにさせないよう、常に笑顔で、余裕をもって接してあげようと思います。明日から新しい1年のスタート。新しいメンバーと、また最高の思い出を作っていくぞー

2008.03.31 | 未分類

3月で退園する子にとって、今日は最後の日翔となりました。『卒園生を送る会』では、先生ひとりひとりから卒園生にメッセージ。泣き出してちゃんとしゃべれない先生も何人かいて、ちょっとジーンときているところに、6年生4名から全員の先生方へ色紙とプレゼントのサプライズ。色紙に書かれたメッセージを読んで、我慢していた涙腺もここで崩壊。。。みんな色んなメッセージを書いてくれてるの中に、みんなが「先生から教えてもらった『心づくり』中学行っても続けていきます!」って書いてるんです。こんなに嬉しいこと書かれちゃぁ、どうしようもないですよね 自分の言い続けていたことが、ちゃんと子供たちの心に届いているんだなぁと、心の底から「先生やってて良かったぁ」と思った瞬間でした。

その後、子供たちを集めて『思い出のアルバム』を観ました。実は6年生の最後までいてくれた4名の為に、毎晩、睡眠時間を削って少しずつ作っていたのでした。16分もある長編のスライドショー。日翔でのたくさんの思い出が、このアルバムにぎっしり詰まっています。写真に音楽をのっけると、ホントやばいですね。自分も作りながら何度も涙しました。子供たちの反応も上々、笑いあり、涙ありの最高のアルバムになったと思います。

卒園生のみなさんへ
たくさんの友達と、たくさん笑ったね。
日翔で過ごしている君たちは本当に楽しそうで、
いつも輝いていました。
楽しいことばかりでなく、時には辛いこともあったけど、
そのひとつひとつが、これからの君たちの支えとなります。
日翔出身として胸を張り、堂々とこれからの人生を
歩んでいって下さい。
卒園おめでとう!

2008.03.28 | 未分類

昨日から新しい先生が日翔にやって来ました 元気いっぱいの大学生です 男の先生で、「超イケメ~ン」と女の子からも大好評 スポーツのできる先生が来てくれて男の子も大喜びです。子供が大好きだというソウ先生は爽やかで優しそうで、その柔らかい雰囲気に自然と子供たちが集まります。ソウ先生にはその体力を生かして外で思いっきり子供たちと遊んでもらいたいです。そして、この仕事の楽しさとやりがいを存分に味わい、思いっきり楽しんでほしいです。先生が子供と遊んで楽しんでることは、子供たちにとって最高に嬉しいことなんです。

2008.03.27 | 未分類

春休み2日目。今日も外遊びが気持ちいい一日でした。

写真左:給食の子もお弁当の子もみんな一緒に「いただきまーす」
写真右:外でのびのび遊んでいる子供たち


写真左:室内でもみんな元気いっぱい
写真右:天気のいい日はおやつも外で

2008.03.26 | 未分類

年度末で慌ただしい日が続いていますが、今日から春休みがスタートした子供達は、「待ってました!」とばかりに朝から元気ハツラツ活動していました。天気もよく夏休みの様に暑すぎない為、園庭にはいつ見ても元気いっぱいの子供達の姿があり、新年度準備で緊張気味の私達を癒してくれます。子供達の笑顔を見ながら、「この1年、みんなホントに成長したなぁ」と感慨に浸っている今日このごろですが、見学者や申込者も続々ときています。来年度もたくさんの「笑顔」の花を咲かせるように、じょうろにたくさんの水を入れて待ってるからね

2008.03.25 | 未分類

1年生の男の子 vs 2年生の女の子でドッジボールをしました。男の子は「女子とな~!?負けるわけないしぃ~!」女の子は「えぇぇ~、男子に勝てるわけないしぃ~!」と言ってましたが、実際にやってみると結構いい勝負。低学年のうちは男女の力の差なんてあまりありませんからね。2試合やってお互い1勝1敗となり、やる前は「えぇぇ~」と言ってた女の子も「あと1試合!」と言い出す始末。何でもやってみなきゃわからない!ってことです
080321.jpg

ちなみに今日は公立小学校の卒業式でした。卒業した6年生のみんな、本当におめでとう!中学校へ進んでも、また日翔に遊びにきてね!

2008.03.21 | 未分類

今日1・2年生男子のスポーツにサッカーをしました。ゴール前にいた1年生のS君にボールが渡りました。周りに敵もいないので絶好のシュートチャンスでした。でも、S君はシュートせず、よりゴールの近くにいた味方のK君にパスを出しました。K君は見事ゴールを決め、チームのみんなから「Kナイスシュートー」と称えられ嬉しそうでした。そんな中パスを出したS君が自分のところへ駆け寄って来て、「先生、今のも心づくりだよね!」と言ったんです。ジーン そのひと言にはやられました。友達の喜ぶことをした!だからこれも心づくりなんだ!と。ホント嬉しい事を言ってくれます。君が友達に送った素敵なパスは、いつか必ず倍になって返ってくるからね。ナイスパス!ナイス心づくり!

2008.03.17 | 未分類

今日1・2年生女子のスポーツの時間にリレーをしました。リレーをする時にはいつも「これは相手チームとの勝負じゃないよ、これまでの自分との勝負なんだよ!昨日までの自分より少しでも早くなりたいなら、全力を出して走ろう!」と言い聞かせています。リレーは他の運動遊びと違って、抜いたり抜かれたり、勝ち負けがはっきりしやすいので最初にフォローを入れておきます。また、抜かれてしまった子にはゴールしてすぐに「よく頑張った!昨日より早くなったよ!」と声をかけてます。そういう声かけの効果が出てるのか、リレーをしている時は本当に楽しそうです。いつもは1回だけやって他の種目に移るのですが、子供達から「もっと~」お願いされて3回もやってしまいました。その後はサバイバル鬼ごっこや伝染鬼ごっこなどをやって、今日は走ってばかりのスポーツとなりました。でもいいですよね!子供は体をうんと動かして遊ぶのが仕事なんですから。終わった後、額から汗をにじませた子供達が満足げな顔で「スポーツありがとうございましたー」とお礼を言ってくれました。こちらこそ、みんなの笑顔がたくさん見れて本当に楽しかったですよ。ありがとう

2008.03.12 | 未分類

私事で申し訳ないですが、本日初めて『親知らず』というものを抜きました。自分の歯は完全に横から生えていた為、抜くのにとても時間がかかりました。抜いたというより砕いたという感じ。担当された先生も「こんなに時間がかかったのは久しぶりだ!」とおっしゃっていました。自分もレントゲン写真を見せられた時、「これ、どうやって抜くのだろう?」と思ったのですが、やはり難しい歯だったんですね。そんな歯でもきちんと抜歯して頂き本当に感謝しています。ありがとうございました。

それはそうと、何で親知らずは『親知らず』っていうのでしょうか? 疑問に思って調べてみると、親知らずはだいたい成人してから(親元を離れてから)生え始める人が多い為、親が歯の生え始めを知ることができないから『親知らず』と呼ばれるようになったそうです。へぇ~ おはずかしいながら知りませんでした。

でも、我が子のことでも親が知らないことって結構ありますよね。普段の学校での様子だとか学童での様子だとか。学校は授業参観があったりしますが、普段の授業とは雰囲気が違うはずです。子供達も親の見てる前では少々緊張しているでしょう やはり普段の様子をよく知ってるのは担任の先生な訳です。学校での様子を親に伝えるのも、担任の先生にとって大事なお仕事のひとつでしょう。

学童の先生も然り。その点、自分はまだまだだと感じています。お迎えに来られた保護者の方々に、もっと学童での様子をお話しできるよう頑張ります。ご自宅にPCがある方へは、このブログや日翔HPのフォトコーナーの設置により少しだけ学童での様子がお伝えできるようになったかと思います。さらに来年度からは、実際の活動の様子が見れるように親子参加型のイベントを企画していこうと思います。

2008.03.11 | 未分類

久しぶりに雨が降った今日、外も暗くなった頃に日翔の近くである車が脱輪してしまいました。すぐに手伝いに向ったんですが、正直「何でよりによってこんな雨の日に・・・」と少しだけ思いました。ロープやらライトやら道具を取りに日翔を行き来している自分に園長先生が一言。「これも心づくり!」
そうだ心づくりだ!脱輪してしまった人たちは雨が降ってるから尚更困ってるはずだ!そんな時こそ喜んで助けてあげなければ!
そんな事考えながら手伝って、無事車を元に戻すことができました。自分は助けてあげた方なのに、「ありがとうございました。本当に助かりました。」とお礼を言われ、とてもいい気持ちになりました。助けた方も助けられた方もハッピーになれる。やはり、心づくりは素敵な魔法ですね

2008.03.10 | 未分類

ポカポカ陽気で気持ちのいい日が続いています。今日も子供たちは園庭へ出て思いっきり外遊びを楽しんでいました。

2008.03.06 | 未分類

宿泊体験学習として『名護青年の家』へ行ってきました。高学年の子が参加できるイベントで、毎年30名程の参加者がいるのですが、今回は少年野球の大会とかぶってしまいほとんどの男の子がキャンセル これまでと比べて少人数での参加となりました。人数も少ない上に全員が手のかからない高学年ということで、今回は職員も童心に返った気持ちで楽しもう!と張り切って日翔を出発しました

予定通り名護青年の家へ到着。すぐに入所式。「ここは学校と同じ学びの場。遊びに来たのではなく学習しに来たんですよ!」というお話に子供達も表情も真剣モード。その後昼食をとり、広場でグラウンドゴルフをしました。開始早々、生徒の振ったクラブがフッキー先生の額を直撃し流血 フッキー先生の「大丈夫!みんな気にしないで!」という元気な声にみんな少しは安心したものの、傷口が深くレイミ先生と共に病院へ。。。職員が二人いなくなってしまいましたが、気を取り直してゴルフ再開。アクシデントの後なので心配でしたが、みんなとても楽しそうで、2ラウンドもしてしまいました。


晩ご飯は野外でカレー作りに挑戦。去年は大雨でなかなか薪に火が着かず大苦戦しましたが、今回は順調に進みました。途中でフッキー先生も元気に復帰~!失礼 メンバーも揃い、無事美味しいカレーを作る事ができました。ちなみにカレーもご飯も男子の作ったものが美味かった!


夜の森へナイトハイキング。これがまたスリル満点 明かりを一切付けずに真っ暗闇へと突入します。確かに少しずつ目が慣れてはきますが、すぐ前の子がぼんやり見える程度です。明かりを付けずに先頭をガンガン進んで行く青年の家職員の宮里先生は本当にすごいと思います。子供達も職員も大興奮でした。夜の森の中で宮里先生は多くの事を私達に教えてくれました。普段の生活でいかに無駄な電気を使っているか。この地球は人間だけのものではないということ。本当にわかり易くためになるお話ばかりでした。ありがとうございました。また、普段なかなか見る事のできない植物や蛍やキレイな星座も見る事ができました。


朝は6時半起床。7時に広場へ出てラジオ体操し、みんなでロープを使った遊びに挑戦。朝食は食堂で頂きました。


今回初めて体育館を借り、最近女の子に人気のあるバスケをしました。せっかくここまで来て体育館?という思いもありますが、このメンバー(学校でなく学童の友達)で職員も一緒になってバスケをする機会もなかったので。やはり予想通りに大盛り上がり&大爆笑のバスケ大会となりました。こんなに盛り上がるなら、宜野湾市内のどこかの体育館を借りて今回の様な大会を企画しようかと思いました。バスケの後はクラフト制作。今回は『バードコール』に挑戦。バードコールは実際に猟でも使用されていて、購入すると2000円近くするそうです。子供達の食いつきも良く、作った後、早速外へ出て本当に鳥が寄って来るのか試してみました。森なので鳥は元々たくさんいたのですが、子供達はみんな「うぁー、本当に来たー」と喜んでました。でも実際使い込むと柔らかい音になり、本当に鳥が反応する様になるそうです。


2日間お世話になった名護青年の家。本当に多くの体験、学習をさせてもらいました。退所式の後みんなで記念撮影。その後県民の森へ遊びに行きました。今回持って行ったソリが大正解。みんな急な斜面をガンガン滑り降りて大はしゃぎ。それを見て私達も大笑い。本当に笑顔の絶えない最高の2日間となりました。卒園生にとってはこれが最後のイベントでしたが、一生忘れる事のできない素敵な思いでが作れたと思います。来年もまた楽しみです。宿泊体験学習での写真は日翔HPのPhotoコーナーに載せていますのでそちらもご覧下さい。

2008.03.02 | 未分類

-->