FC2ブログ
この日記を書くまで気付きませんでした。今日は4年に1度しかない2月29日じゃありませんか 普段通り過ごしてしまいました。まぁ、気付いてたとしても何ができたかわかりませんが。。。

幼稚園生の工作はひな人形を作りました。基本的にはみんな同じモノを作りますが、顔の部分はそれぞれがペンで描くので個性が出ます。メガネをかけたお雛様には笑っちゃいました。


ツイスターとゴム段遊び。それぞれ幼稚園生から3年生まで学年の違う子同士で遊んでいます。年上に教えてもらったり、年下に教えたり。この様な異年齢との交流が子供たちを成長させます。ここでの体験が、大人になり社会に出た時に必ず生きてくるはずです。少子化が進み地域性も失われつつある今、日翔の子供たちは本当に貴重な体験をしていると感じます。

2008.02.29 | 未分類

1,2年生のスポーツ。体育館でやる種目で1番人気のハンドベーです。


外では幼稚園生が鬼ごっこ。鬼ごっこは、走る・ターンする・切り返す・のけぞるといった、様々なスポーツに必要な要素がつまったすばらしい遊びです。


3年生はプーカー野球。いつの時代でもプロ野球選手は子供たちの憧れですよね。


最近3枚のコインを使ったコインサッカーを教えました。自分が小学生の頃よくやっていた遊びです。学校のお友達やお父さんともやってみてね

2008.02.27 | 未分類

しばらくいい天気が続いたかと思ったら、今日は突然の豪雨 しかも子供達を学校へ迎える時間帯を狙ってピンポイントで強い雨が降るので、「誰だ!日頃の行いが悪いのは!」と独り言。雨が降ると外遊びができないのが残念ですが、日翔にはミニ体育館があります。室内でも十分運動遊びができるのでいいですね

2008.02.26 | 未分類

日翔のいい所はやっぱりこの広い園庭。外遊びは大切な学習のひとつです。

2008.02.25 | 未分類

久しぶりの快晴!暖かくて気持ちのいい一日でした。子ども達もやっと外で思いっきり遊ぶことができました。さらに今日、屋外用の男子トイレが完成しまいた。男の子は外で遊んでいる時に、トイレの度にいちいち中まで戻らなくてよくなりました。屋外のトイレも中のトイレ同様、毎日ピカピカに掃除します

2008.02.18 | 未分類

バレンタインチョコ作り 初めての企画だったので色々と大変でしたが、子ども達の「チョコ作り楽しかったぁ」という声に職員の喜びもひとしお。子ども達を喜ばせたい!という思いから企画して、後で「やらなきゃよかった」と思ったものは1つもありません。日翔の先生方は教育者である上に、子ども達を楽しませるエンターテイナーでなければいけません


2008.02.13 | 未分類

11日(祝・月)に行われたドッジボール大会ですが、見事、ジュニアの部(1~3年生)で優勝することができました。今回は雨続きで満足な練習ができなかった中、本当によくやってくれたと思います。これまで通り、『勝ち』にこだわらず『心づくり』に力を入れてきました。子ども達には、「挨拶の声の大きさ」「整列のキレイさ」「行動の機敏さ」は絶対に相手チームに負けないこと!と言い聞かせてきました。大会当日も「先生!試合は負けちゃったけど、挨拶は負けなかったよー!」と笑顔で話してくれる子ども達を見て、とても嬉しかったです。その様な態度が会場に伝わったのか、試合中「日翔がんばれー!勝てるぞー!」と別のチームが応援してくれる様になりました。負けてしまっても、「日翔どんまーい」と言ってくれて、大変心強かったです。その様なすばらしい声援を受けて、日翔ハリケーンチームが勝ち進み、初優勝することができました。さらにキャプテンを努めたKくんは1番活躍したということで特別賞(MVP)までいただきました。試合に出た子だけでなく、これは日翔キッズ全員の自信に繋がると思います。『心づくり』への取り組みを始めてから少しずつ子ども達が変わってきましたが、結果までついてきて本当に嬉しいです。優勝したメンバーは本当におめでとう そして、いつも素直に真面目に一生懸命練習に参加してくれた子ども達、本当にありがとう





2008.02.11 | 未分類

今日はドッジボール最後の練習。二日間雨が降らなかったお陰で、最後の最後でやっとゲーム形式の練習をすることができました。どんなに楽しい練習メニューを考えても、やはりゲームには勝てません。子ども達も久しぶりにゲームができてとっても楽しそうでした。月曜日の大会も、今日のように思いっきり楽しんでもらいたいです。

さて、昨日の階段の件ですが、やはり階段での遊びは禁止することにすることにしました。そもそも階段は職員が動いている場所から完全に死角となっているため、つい最近まで生徒は立ち入り禁止となっていました。ずっと前は階段に壁が無く生徒も自由にそこで遊んでいたのですが、防音のために天井まで壁で塞いでしまったので、今は完全にそこでの様子が外から見えなくなってしまいました。遊び場を確保するのも大切ですが、それ以上に大切なのが安全面。子ども達にもちゃんと納得してもらえるように話そうと思っています。

2008.02.08 | 未分類

今日ある子の保護者の方から、「学童で友だちに階段から落とされたらしい」とのお話がありました。幸い大事には至らなかったようですが、とても危険な行為であり、早急に対応しようと思っています。普段から仲良く遊んでいる子たちなので、悪意をもって突き落としたのではなく、きっと悪ふざけが過ぎたのでしょう。しかし、階段での遊び方については、子ども達に十分注意しようと思っています。

ただ、このように子ども達の遊び方を注意する時にいつも思うのが、「どこまでは安全で、どこから危険で止めさせるべきか?」といういうことです。最近少子化が進み、親が我が子を過保護に育て過ぎているという話を聞きます。大人が子どものケガを未然に防ぐという理由で、子ども達の遊び場や遊具をどんどん無くしているのかもしれません。

自分は、ケガすることは決して悪いことではなく、むしろ子どものうちに小さいケガをたくさんするべきだと考えています。ケガをすることによって、どうすればケガをするのか体が覚え、その繰り返しの中で、自然と危険回避能力を身につけていきます。結果、大きなケガを未然に防ぐことができるのです。

最近日翔の子が立て続けに学校の木から落ちて腕の骨を折ってしまいましたが、その子たちに「今度から木に登ったらダメだよ!」と注意をするのはどうかと思います。じゃぁ「今度は落ちないように気をつけてね!」という注意の仕方はどうでしょうか?自分としてはこちらもNG。そんなこと言われなくたって、一度危険を覚えたその子は、もう簡単には落ちたりしないでしょう。

そのように考えているので、階段での遊び方を注意するのも、どう話そうか考えてしまいます。「階段で人を突き落としてはいけない」ということは、当然みんなが理解できることでしょうが、遊びがエスカレートしてそのような行為に発展しないようどうすべきか??? 今回もまた簡単には考えがまとまりそうにありません。まだまだ勉強が足りないなぁ とつくづく思うのでありました。

2008.02.07 | 未分類

2月11日(祝・月)にドッジボール大会があるのですが、今回はほとんど練習らしい練習ができていません。水はけの悪い日翔の園庭は、一度雨が降ると完全に乾くまで三日ほどかかります。大会1週間前を切っているのに、ここんところの悪天候のせいで未だゲーム形式の練習をしたことがありません。元々「勝ち」にはこだわらず、「楽しむ」こと、「チームワーク」や「心づくり」の為にドッジボールに取り組んでいるのですが、今大会が最後という子も何人かいるので、なんとか頑張らせてあげたかったのですが。日誌を見てみると、去年の今頃は雨降ってなかったんですけどねぇ。今回はホントに残念です ですが、子ども達にはこの様なマイナスなことは一切言わず、「大丈夫!問題ないよ!」と言ってその状況でできる限りの練習をやっています。子ども達には、「ダメだ!できない!」と言って後からできない理由を探すのではなく、「大丈夫!できる!」と言って最善策を探す努力をする人になってもらいたいです。

2008.02.05 | 未分類

今日は学芸会の振替休みで子ども達は朝からの登園でした。1月は都合がつかなかったので、時間に余裕のあった今日、ちょっと遅めのムーチー作りをしました。今年もみんな健康でありますように。



2008.02.04 | 未分類

-->