FC2ブログ
今朝の全体朝会では『ありがとう』という言葉について話をしました。最近子供たち(特に1年生)のケンカやもめ事が目立ちます。これまでは同じ学校の子同士で遊ぶことが多かったのですが、夏休みに入ると次第に他校のお友だちも増えてきます。そんな中で新たな衝突が生まれてきたのが原因でしょう。そこで子供たちには次の様な話をしました。

日翔が楽しいのは先生がいるからじゃない、たくさんおお友だちがいるから楽しいんだよ。一緒に遊んでくれるすべてのお友だちに、常に感謝の気持ちを忘れてはいけません。感謝の気持ちを表す言葉に『ありがとう』という言葉がありますが、その言葉を何度もお友だちに言ってあげましょう。『ありがとう』という言葉は不思議な言葉です。たった一言で相手を気持ちよくさせて、「またやってあげよう!」という気分にさせます。『ありがとう』と言った自分も、なんだか嬉しい気分になれます。

さらに自分の体験談として次の出来事も話しました。高学年男子の工作では『野球盤』を作ったのですが、やはり高学年の工作ともなるとレベルが高くなり、準備や指導は相当大変でした。しかし何人かの子が、仕上げた作品を満足そうに抱えながら「先生、ありがとう!」と言ってくれました。その一言でこれまでの苦労がドーンと吹っ飛びました。嬉しくて嬉しくて、その晩に飲んだビールは格段に旨かったです また、お迎えが来た際に、「先生さようなら~」と言える子は多いのですが、1年生の中にひとりだけ、必ず「先生さようなら~ ありがとうございました~」と言って帰っていく子がいます。その言葉を聞くだけで、「あぁぁ、日翔の先生になれて本当に良かったなぁ。また明日もがんばろう」という気分になれます。

『ありがとう』
たったの一言で、人をこんなにも気分良くさせるこの言葉には、とてつもなく不思議なパワーがある様ですね。。。

そんな話に、子供たちは皆真剣な表情で聞き入っていました。その日のお迎えの際、「先生さようなら~」の後に、ちょっと恥ずかしそうに「ありがとうございました~」と言ってくれた子が何人かいました。こちらこそ、ありがとう 君たちのその一言が私たち指導員に大きなパワーを与えてくれます。

2007.08.16 | 未分類

レジャープール第4弾は1,5,6年男の子。時折降る雨のおかげで、暑すぎず割と過ごしやすい一日でした。日翔に帰ってから食べるアイスがまたサイコー

2007.08.16 | 未分類

-->