FC2ブログ
4~6年男子の工作は『野球盤』に挑戦しました。市販の工作キットではなく完全オリジナルの野球盤です。カッター、ノコギリ、ペンキ塗り、スプレー、くぎ打ち、ネジ回し、、、これまでの工作で身につけた技術をすべて駆使したレベルの高い作品になったと思います。野球が大好きな高学年の男の子は、みんな夢中になって製作に取り組んでいました。子供たちも大変だったと思いますが、この作品を18人分作らないといけない指導者も大変でした。でも出来上がった作品で楽しそうに遊んでる子供たちを見ると、苦労した甲斐があったなぁ!としみじみと感じました











2007.08.30 | 未分類

4~6年生の女の子は刺繍してクッションカバーを作りました。普段は活発に動き回ってる女の子もこの時ばかりは製作に没頭してました。





2007.08.30 | 未分類

1年生は男女共にシーサー貯金箱に挑戦。まずは粘土で作ったシーサーに色を塗り、それを牛乳パックで作った貯金箱の上にのせます。形や配色にとても個性が出ていて、ユニークでかわいいシーサーがたくさんできました。







2007.08.30 | 未分類

3年男子の工作は本棚。みんなノコギリに大苦戦。まっすぐ切れず、あっちに曲がったりこっちに曲がったり。でもそれがいいアクセントになってオリジナルの本棚に仕上がりました。





2007.08.30 | 未分類

2年女子の工作は割り箸できれいな箱を作りました。ビーズで装飾したフェルトを中敷きにして外側には自分の名前を付けました。何を入れる箱なのかは、、、ヒミツ






2007.08.30 | 未分類

旧盆明け。ウークイ翌日の今日は、親が仕事休みのところも多いのでしょう。普段の半分も生徒がいませんでした。人数が少ないので子供たちを連れて公園へ遊びに行って来ました。




日翔に帰ってきてからはスライム作り。高学年の女の子が下の子を指導してくれました。

2007.08.28 | 未分類

夏休みのビッグイベント『お泊まり会』が無事に終わりました。先々週は台風で延期した為、今回は何が何でも決行しようと思ってましたが、降水確率50%の悪天候。段ボールテント作り、バーベキュー、花火大会、宝探し等々、楽しみの多くが野外で行うものなので、雨が降るとホント大打撃 雨雲が気になる中、思い切って段ボールテント作りを始めましたが、作業を開始して間もなく、突然のスコール!子供たちは「自分は濡れても段ボールは濡らすまい!」とみんな必死で段ボールを守りました。しかし多くの段ボールがびしょ濡れになってしまいました。せっかく苦労して運んできた段ボールも、濡れてしまっては強度も無くなりテープも付かなくなるので台無しです。その後も時折襲ってくるスコールに負けずなんとかテントを作りました。子供たちは「え~、雨最悪~!風強すぎぃ~!」と言いながらも、めちゃくちゃハイテンション みんなで力を合わせて困難に立ち向っている!という気持ちがそうさせてる様に感じました。指導員にとっては想像を絶する過酷な作業でしたが、子供たちにとっては一生忘れる事のない最高の思い出になったことでしょう。大きな自信にもなったはずです。その後予定していたイベントも臨機応変に対応し、子供たちの笑顔が耐えない最高の2日間となりました。今は充実感と達成感でいっぱいです。

雨雲が気になる中、段ボール作りスタート。

まずは段ボールを積み上げて『柱』を作っていき、その上に竹の棒を組んで補強します。

しかし突然の大雨でみんな大慌て。

ご覧の通り、せっかく持ってきた段ボールもびしょ濡れ。テープも付かなくなり、ほんと大打撃。

次々と迫りくる雨雲を見ながら「また雨が来るぞ!急げー!」と大慌てで作業が進んでいきました。

上からブルーシートを被せてなんとか雨はしのげる様に。。。

でも、すでにみんなびしょ濡れでしたが

予定してたバーベキューもできず室内で夕食。でもみんなすごい食欲。野外で食べるよりも室内の方が食欲が出るようです。

できないと思っていた花火ができて子供たちは大喜び。

今年は大人気のパラシュート花火を大量に購入しました。でも強風にあおられ、ほとんど子供たちの手の届かない所まで飛ばされていったのが残念。

外で元気に水浴び。一日の汗を流します。

夜中になると雨風が強くなり、ついに段ボールテントが崩壊。ほとんどの子が室内に避難しました。しかし奇跡的に雨から守られ、段ボールテントで一晩すごした強者もいました。

朝なかなか起きれない子。遅くまで何なにしてたのかな?

毎年外でやっていた宝探しも雨で室内に変更。2年生が基地作りをした体育館でやったのですが、段ボールがいい具合に隠し場所になりました。

宝探しで当てた景品のお菓子を食べながらお友達とおしゃべり。

2007.08.25 | 未分類

アイススケート第4弾は1,4~6年生の女の子。初めての子も多かったのですが、みんな尻もちをつきながらも楽しそうに滑ってました。高学年の子はさすが毎年来てるだけあってみんなとっても上手。1年生の手を引いて一緒に滑ってくれてました。

2007.08.21 | 未分類

東南植物楽園へ行ってきました。例年通り男女とも『釣り堀』が大人気。逆に植物を観察するコーナー等はさっと出て来てしまいます 雨模様で蒸し暑かったのですが、それも水浴びで吹っ飛ばしました。子供たちは本当に水遊びが大好きですね。ただ、これまでと比べて楽しめるコーナーが減ってる様に感じました。ハエも大発生で弁当も落ち着いて食べれない状態だったのは残念です。あと本土や海外からの観光客も多かったのですが、嘉手納基地へ離着陸する戦闘機の爆音に相当驚いてました。やはり基地があるのって異常なんだと、改めて実感させられました。





2007.08.20 | 未分類

今朝の全体朝会では『ありがとう』という言葉について話をしました。最近子供たち(特に1年生)のケンカやもめ事が目立ちます。これまでは同じ学校の子同士で遊ぶことが多かったのですが、夏休みに入ると次第に他校のお友だちも増えてきます。そんな中で新たな衝突が生まれてきたのが原因でしょう。そこで子供たちには次の様な話をしました。

日翔が楽しいのは先生がいるからじゃない、たくさんおお友だちがいるから楽しいんだよ。一緒に遊んでくれるすべてのお友だちに、常に感謝の気持ちを忘れてはいけません。感謝の気持ちを表す言葉に『ありがとう』という言葉がありますが、その言葉を何度もお友だちに言ってあげましょう。『ありがとう』という言葉は不思議な言葉です。たった一言で相手を気持ちよくさせて、「またやってあげよう!」という気分にさせます。『ありがとう』と言った自分も、なんだか嬉しい気分になれます。

さらに自分の体験談として次の出来事も話しました。高学年男子の工作では『野球盤』を作ったのですが、やはり高学年の工作ともなるとレベルが高くなり、準備や指導は相当大変でした。しかし何人かの子が、仕上げた作品を満足そうに抱えながら「先生、ありがとう!」と言ってくれました。その一言でこれまでの苦労がドーンと吹っ飛びました。嬉しくて嬉しくて、その晩に飲んだビールは格段に旨かったです また、お迎えが来た際に、「先生さようなら~」と言える子は多いのですが、1年生の中にひとりだけ、必ず「先生さようなら~ ありがとうございました~」と言って帰っていく子がいます。その言葉を聞くだけで、「あぁぁ、日翔の先生になれて本当に良かったなぁ。また明日もがんばろう」という気分になれます。

『ありがとう』
たったの一言で、人をこんなにも気分良くさせるこの言葉には、とてつもなく不思議なパワーがある様ですね。。。

そんな話に、子供たちは皆真剣な表情で聞き入っていました。その日のお迎えの際、「先生さようなら~」の後に、ちょっと恥ずかしそうに「ありがとうございました~」と言ってくれた子が何人かいました。こちらこそ、ありがとう 君たちのその一言が私たち指導員に大きなパワーを与えてくれます。

2007.08.16 | 未分類

レジャープール第4弾は1,5,6年男の子。時折降る雨のおかげで、暑すぎず割と過ごしやすい一日でした。日翔に帰ってから食べるアイスがまたサイコー

2007.08.16 | 未分類

アイススケート第3弾は2,3,4年の男の子。去年に比べてみんな上達してました。

2007.08.14 | 未分類

レジャープール第3弾は1,4,5,6年生の女の子。流水プールで滑り台もあり、学校で入るプールとは全く違う楽しさがあるようです。その笑顔から十分楽しさが伝わってきますね。

2007.08.09 | 未分類

夏休みは朝早くからたくさんの子供たちが学童へやってきます。子供たちみんなが気持ちよく1日を過ごせるように、毎朝玄関で元気よく「おはようございます!」と挨拶をしています。また、これから職場へ向う保護者の方々に、今日も頑張って下さい!という気持ちを込めて「いってらっしゃい!」と声をかけるようにしています。すると今日ある保護者の方からとても嬉しいお言葉を頂きました。「毎朝先生が元気よく挨拶をしてくれるので、とても気持ちよく1日をスタートさせることができます。いつもありがとうございます。」とのことでした。ジーンと胸が熱くなりました。自分の思いが相手に伝わるってこんなにも嬉しいことなんですね。これからも元気いっぱいに挨拶していきます

2007.08.07 | 未分類

アイススケートに行ってきました。今日は幼稚園生と2,3年生の女の子。みんな足が痛くなるまで夢中に滑ってました。明日は絶対筋肉痛だなぁ。



2007.08.07 | 未分類

この夏休みで、1年生の女の子全員が一輪車に乗れるようになろうとがんばっています。そんな中、高学年のお姉ちゃんたちが乗れない子の手助けをしてくれています。夏休みは学童で過ごす時間が長い分、異年齢と触れ合う機会も多くなります。お兄ちゃんお姉ちゃんたちに色々なことを教えてもらった子は、自分が大きくなった時、同じ様に下の子に教えてあげることができます。とても大事なことです。


2007.08.04 | 未分類

2年男子の夏休み工作は『ビー玉迷路』を作りました。低学年向けの迷路工作と言えば、一般的に段ボールで作りますが、今回は頑張って木製の迷路に挑戦しました。しかも2段構造になっていて、落とし穴にビー玉が落ちてもちゃんとビー玉がスタート地点に戻ってくるようにしてます。2年生にはちょっと高度過ぎるかな?とも思いましたが、子供たちは指導者の話をしっかりと聞き、しかも製作中はものすごい集中力で、みんなとってもすばらしい作品に仕上げてくれました。指導する側も大変でしたが、それ以上に自作のビー玉迷路で楽しそうに遊ぶ子供たちの笑顔がたまらなく嬉しかったです






2007.08.03 | 未分類

レジャープール第2弾は2,3,4年の男の子。ビクビクしながらウォータースライダーに挑戦したK君。なかなか出てこないので心配してると、勢いよく滑り出てくるのではなくヨタヨタと歩いて出てきました。途中怖くて両手両足を使ってストップしてしまったそうです。どうりで遅い訳だ。K君にとっては世界一長いウォータースライダーに思えたでしょう。

2007.08.02 | 未分類

3年生女子は、夏休みの工作で『宝箱』を作りました。ノコギリは思う様に切れず苦労しましたが、それでも一生懸命作った結果、みんなとてもすばらしい作品に仕上がりました



2007.08.01 | 未分類

-->