FC2ブログ
沖縄は梅雨入りしているというのに、なかなかいい天気が続きますね。子供たちは今日も園庭で元気に活動してました。

外でおやつ。ちゃんとおやつ係がついていて、個数を教えたり何度も取りに来る子を注意してくれます。

高学年の男の子が下の子も誘ってキックベースを楽しんでました。

体育館では、1年生の女の子が縄跳びに挑戦。

虫取りと虫かごを持って、一生懸命バッタをおっかけてる姿がとってもかわいいです。子供たちは虫を見るとすぐに飛びつきますが、大人のほとんどは飛び上がって逃げちゃいます。いつからそうなったんでしょうかねぇ?

基地作りに夢中 1人で何かを作るよりも、仲間と協力して作り上げた時の方が、喜びが大きいことを知ってもらいたいです。

高学年女の子のスポーツの時間。男の子同様、女の子にも野球が大人気。でも普通は女の子だけで野球をしても、上手くできずに試合にならないでしょう。しかし日翔キッズは違います。バッターはポンポン打つし、守りもきっちり1塁でアウトを取ります。この子たちに野球を教えたのは最近ですが、やはり小さい頃から色々な運動遊びをやってきたからこそ、すぐに対応できるのでしょう。男の子っぽい遊び、女の子っぽい遊びと、大人目線で決めつけて男女別々の遊びをさせるのではなく、男女関係なくなんでも挑戦させてあげたいです。一度やってみてその後やりたいかやりたくないかは、その子自身が判断すればいいんです。

2007.05.31 | 未分類

月曜日はどの学校も低学年が早く、高学年が遅く帰ってきます。なので、うまい具合に全学年に設定活動の時間を設けることができます。

壁鬼をしているところ(1年男子)070528_3.jpg

外でドッジボール(2~3年男子)070528_3.jpg

体育館でドッジボール(2~3年女子)070528_3.jpg

2007.05.28 | 未分類

先日ある保護者から「先生は霊が見えるって本当ですか?」と聞かれました。誤解があるといけないので、一応ここでもコメントしておきます。

私は霊感などこれっぽっちもないので、生まれてこのかた見たこともありません。でも子供たちには、園長先生や私は「霊が見える」ことになっています。実は子供たちをしつける時に使う手段のひとつなんです。

子供たちには普段この様に話してます↓
みんなには守護霊という良い霊がついていて、いつも危険からみんなを守ってくれてるんだよ。でも、悪いことばかりする子には、悪霊がその守護霊を追い出して取り憑いてしまうよ。気の合う人同士が友達になる様に、悪いことばかりする子には、悪霊が友達だと思って近づいてくるんだよ。悪霊に取り憑かれるとどんどん悪いことを繰り返して、その悪霊もどんどんパワーアップしてくるよ。そしてしまいには殺人鬼になってしまうんだよ。

そして園長先生や私は「霊が見える」ことになっていて、悪いことをした子に何気なく話しかけ、「何か悪いことしなかった?背中に悪い霊が憑いてるよ!」とおどします。言われた子は泣きそうな顔をしながら自分のやった悪いことを正直に告白します。その子に反省の色が見え始めたら「でもまだ大丈夫。その悪い霊はまだ小さいから、これから毎日3回以上いいことをして、これを1週間続ければその悪霊は消えてしまうよ。がんばっていいことをしようね。」とフォローします。

ちょっと意地悪でかわいそうなやり方かもしれませんが、怒鳴ったり手を出したり(手は絶対出しませんが!)するよりも効果があります。『霊』という見えない存在は、どんな怖い先生よりも怖いんです。目に見えないとーっても怖い先生に常に監視されてる状態になり、隠れて悪いことをすることも無くなります。昔よく「夜中に口笛を吹いたら幽霊が出るよ」とか「お腹を出して寝たらおヘソを食べられてしまうよ」と親に教わりましたが、それもこの類いのものでしょう。もちろん、大人になった今はそれがウソだったとわかりますが、幼い頃は怖くてやりませんでしたねぇ。。。

2007.05.22 | 未分類

連休明けから色々あって日記が停滞してました。すみません。

さて、沖縄がいよいよ梅雨入りしたとか?
ずーっと雨が降らないのも困りますが、ずーっと雨が続くのはひじょーに困ります。広い園庭で思いっきり遊ぶ事ができず、子供たちは室内のみの活動となりとてもかわいそうです。お迎えも大変になります。おまけに私はバイク通勤です。もういい事がありません。でも「あー今日は雨かぁ」と嫌な気分で1日をスタートしてしまうと、なんかもったいない。人生で一度きりしかない一日。たとえ雨だろうと、いい気分で過ごしたいし、子供たちにもそうあってほしいです。なので、“雨の日限定”の何か楽しい室内遊びを考え、「あーあ、今日はお外で遊べないなぁ」じゃなくて、「やったぁ、今日は雨だから○○○遊びができるぞー」と子供たちが喜んで学童に帰ってくる!今年の梅雨はそんな学童を目指します。

2007.05.14 | 未分類

-->