FC2ブログ
今日は高学年の女の子が新1年生の女の子を集めて色々遊んでくれていました。学童の醍醐味は何と言っても異年齢との交流があること。昔と違い兄弟も少なくなり、地域性も失われつつある今、異年齢との交流・関係がどんどん希薄化しています。しかし子供の成長にとって、自分とそれほど歳のかわらないお兄ちゃんお姉ちゃんの存在はとても大きいです。下の子は、上の子の遊びを見たり教えてもらう事によって様々な事を学びます。大人が教えるのと比べ物にならないくらいそこから吸収していきます。上の子も、下の子の面倒をみることによって自信や責任感をつけていきます。

2007.04.26 | 未分類

4月は幼稚園と1年生の下校時刻がコロコロ変わります。さらに学校によって下校時刻がまちまちで、迎えの対応は非常に気をつかいます。しかし今日ミスが発生。先週まで1校だけを迎えればいいバスが今週から2校迎えなければいけませんでしたが、職員同士の伝達ミスとバス出発時の確認ミスでいつも通り運行してしまい、ひとつの学校を迎え忘れてしまいました。結果そこの1年生6名を長時間待たしてしまうことに。。。幸い子供たちは無事でしたが、何よりも先ず子供たちを安全に迎えることが大事!と常に言われている中でのミスなので、今日の件は園長先生からも強く注意を受け、職員一同深く反省しました。また待たせてしまった子のそれぞれの保護者には今日のミスを報告し謝罪しました。報告と謝罪は当たり前の事ですが、ある保護者の方から「良い話ばかりでなく、この様な悪い話もちゃんと報告して頂きありがとうございます」という有り難いお言葉を頂き、とても助けられました。今後この様なミスが起きない様に仕事に取りかかる前の確認を徹底していこうと思います。

2007.04.23 | 未分類

4月に日翔に入って来た新入生に、在園生から手作りのプレゼントがありました。プラ版で作ったお守りです。さっそくランドセルに付けてくれていました。


2007.04.20 | 未分類

今日園長先生が新入園児のお母さんと話してて、「うちの子は日翔がとても楽しい様です。ただこれまでいつも一緒だったのに、お母さんと一緒じゃ嫌だ!日翔に行きたい!と言われ少々寂しい気もします。」と言われたそうです。それに対して園長先生は、「それはお母さんがお子さんに十分愛情を注いであげてる証拠です。お母さんの愛情に包まれているからこそ、子供は安心して親の手から離れて行けるんですよ。」と答えたそうです。親から十分な愛情を受けてない子供は、親の愛情を求めてなかなか「親離れ」できないとのこと。でも実際に「親離れ」されると、親としてはなかなか寂しいものでしょう。子供の「自立」の為に、親が「子離れ」することも愛情として必要なのかもしれません。

2007.04.17 | 未分類

今日は思わぬお客さんに子供たちは大喜び。去年の11月まで日翔の先生だったなつこ先生が遊びに来てくれました。行く先々で子供たちに囲まれ、相変わらずの慕われっぷり。なつこ先生は地元福岡に帰っても、やはり大好きな子供と関わる仕事に就いたようです。日翔キッズのその後の様子が気になり、このにっしょう日記も楽しみに見てくれてるようで・・・。また沖縄に帰ってきた際にはぜひ遊びに来てください!

2007.04.16 | 未分類

まだ学校給食の始まらないこの時期は学童で給食を食べます。

2007.04.12 | 未分類

昨日は公立小学校の入学式だったので、今日が新1年生初めてのお迎えとなりました。私たち職員にとって、子供たちを安全に確実に学童へ連れてくるこの『お迎え』は非常に神経を使う仕事のひとつです。特に今日は初めてのお迎えとあって、気を引き締めて行ってきました。初日というのにあいにくの雨で心配しましたが、無事全員迎えることができ職員一同ホッとしました。ただ大変なのはこれからです。子供たちが学童に慣れるまでは時間がかかります。新入園児にとってこれまでに無かった異年齢の集う環境での生活は、知らず知らずのうちに相当な疲れやストレスが溜まっています。今はまだ分かりませんが5月頃から徐々に出始めます。ちょうど学校の友だちができ始める時期でもあり、その友だちと放課後一緒に遊びたいという気持ちも加わって「学童行きたくない!」という時期がやってきます。これはどの子も通る道。そうなると、お迎えに行ってもなかなかバスに乗ってくれなかったり、勝手に家に帰ってたり、友だちの家に遊びに行ってたり、、、お迎えは本当に大変です ですが親に代わって安全に確実にお迎えをするのは私たちの責務。何よりもひとりひとりの安全を優先し、しっかりやっていこうと思います。

学童に帰ってからはお勉強タイム。

雨で園庭へ出られない日は室内遊びを充実させます。今日は女の子に大人気のアイロンビーズをやっていました。同系色でまとめたり色まんちゃーにしたりと、配色はそれぞれの個性が出て見てる方も楽しめました。

2007.04.11 | 未分類

今年も40名を超える新入園児が加わり、新年度がスタートしました。春休みなので朝早くから大勢の子供たちが登園してきます。ただでさえ大変なこの時期に右も左も分からない新入園児が一斉にやって来るので、指導員は常に緊張しっぱなし。夏休みもハードですが、春休みはそれ以上。精神的にも肉体的にもヘロヘロになり、1年でもっとも過酷な時期と言えます。おかげでこの『にっしょう日記』もずっと更新することができませんでした。
その春休みも昨日で終わり。2日(月)に新入園児を受け入れて昨日までの1週間、先生方は本当によくがんばりました。みんな仕事を終えた後は家に帰って即爆睡だったそうです。子供たちは遊び疲れたら休むことができますが、先生方の周りにには入れ替わり立ち代わり絶えず元気な子がやって来るので、なかなか休むことができません。そんな中、疲れた顔ひとつせず慣れない新入園児の為にずっと笑顔でがんばってた先生方、本当にお疲れさまでした。
また今年の新入園児には活発な子が多いです。学童に入りたてのこの時期は、普通大きい子たちに圧倒されてビクビクしているものですが、物怖じしないと言うか、全く気にならない様子でやりたい放題活動してます。逆に在園生から「今度の新入生は生意気だ!」という声が出るくらい でもまずは学童という新しい環境に慣れてもらって、上下関係や遊びのルールなどは徐々に教えていこうと思っています。

2007.04.07 | 未分類

-->